スマートフォン向けページへ
太陽光発電システム設置ガイド
太陽光発電システムとは、
太陽の光で発電した電気を家庭内の家電製品や電力会社へ供給するシステムのことを言います。

太陽光発電システムとは

固定価格買取制度(FIT)が改正されました。

平成29年4月1日より固定価格買取制度が変わりました。
これにより、すでに認定を受けている太陽光発電設備についても影響を受けます。

太陽光発電システムとは、おおまかに、太陽の光で太陽電池が発電した電気を交流に変換して、家庭内の家電製品や電力会社へ供給するシステム全体のことを言います。
発電のメインとなる太陽電池パネルや発電した直流電気を交流に変換するパワーコンディショナのことなど、太陽光発電システム全体のことについて。

太陽の光によって発電する太陽光発電

太陽光発電とは太陽電池を使った発電のことで、太陽の光によって発電するため化石燃料の枯渇や放射性廃棄物などを心配する必要のない、クリーンで再生可能エネルギーされるもののひとつです。

太陽電池にはいくつかの種類があります

太陽電池は、多結晶(シリコン系)、単結晶(シリコン系)、CIS(薄膜系)などの種類があり、多結晶(シリコン系)の太陽電池はコストの面で他の太陽電池よりも優位、CIS(薄膜系)はシリコン系のものと比べて変換効率に劣るものの日陰に強いとされるなど、それぞれに特徴があります。

太陽電池単体は小さなもので、太陽電池単体の状態をセルといいます。 このセルを並べてパッケージ化したものがモジュールで、このモジュール状態を太陽電池パネルとも呼びます。 通常は販売されている太陽電池は、この太陽電池パネルとなります。

実際に屋根や地面などに設置する場合には、さらに太陽電池パネルを並べて接続したアレイと言われる状態で設置します。

太陽電池の種類や特徴

パワーコンディショナ

太陽電池で発電された電気は直流です。
この直流電気を家庭内の電気製品や電力会社へ供給するためには、交流電気に変換し電圧を一定に整える必要があります。

この電気を整える装置をパワーコンディショナといい、太陽光発電システムには欠かせないものとなっています。

太陽光発電システム

住宅用の太陽光発電システムは、

  1. 太陽電池で発電
  2. 太陽電池で発電した電気を接続箱でまとめる
  3. パワーコンディショナで電気を変換
  4. 分電盤で家庭内の各家電製品または電力会社で電気を供給

という流れのシステムとなります。

太陽光発電システムの電気の流れ

太陽光発電システムのことをPVシステムという場合がありますが、このPVはPhotovoltaic(太陽光発電)の略です。

太陽光発電システムの現状

以前の太陽光発電システムは発電効率があまりよくなかったり、設置コストが高かったりしたためあまり普及率をしていませんでしたが、固定価格買取制度の施行後は急速に普及し、これに伴い太陽電池の性能向上し設置コストも下がっています。

 
太陽光発電システム設置ガイド / お問合せ / 利用規約 / サイトマップ

copyright © pvsystem.biz all rights reserved 2011-